本文へスキップ

東京・江東区大島で鍼灸・気功の治療をお探しなら「結果」を出す鍼灸院・小笠原ハリニックへ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL 03-5627-6600

〒136-0072 東京都江東区大島3-1-16

肩こり

厚生労働省の『国民生活基礎調査(平成19年)』によると、私たちが日常生活で自覚している症状のなかで、肩こりは女性では1位、男性では2位になっているほどです。



肩こりとは

「肩の筋肉がこわばり、肩が重苦しくなる」状態であること「肩が張る」「緊張させられる」というような意味があります。

肩こりの主な原因は

●体型

 猫背・猪首・なで肩・偏平足は、肩こりになりやすい体型的特長です。猫背・偏平足は ある程度矯正することも可能です。 なで肩・猪首は、筋力UPで補強を。

眼精疲労
 眼精疲労は、肩こりや頭痛、そして吐き気等の症状がでることが特徴です。眼の疲れ が日々の休息や睡眠によって回復することができなくなることにより、常に眼神経を刺 激していることになるので、この緊張の連続が頭痛や肩こりといったことにつながって いるといわれています。

●血圧
 肩こりと血圧との関連も注目されています。従来は低血圧の方に肩こりが多いとされ  ていたのですが、反対に高血圧の方も少なくないのです。どちらも血流の悪化をともな う点は共通していて、肩こりも併発しやすいと考えられています。

●ストレス
 神経質な人や心配性な人は、ストレスで肩がコリやすくなります。

●冷え性
 寒さを我慢していると、うっ血をおこし、筋肉にこりを生じます。また、温度差のある環 境にいると、自律神経に負担をかけます。自律神経系のみだれは、血流の正常な働 きを妨げます。
 
●運動不足
 運動不足は、最大の肩こり原因です。

●更年期の女性
 老齢になってくると、女性ホルモンの分泌量の変化がおこります。それによって、今ま でと違う身体の状態を感じるようになります。女性ホルモン分泌量の変化により、自律 神経や血液の循環の不調があらわれ、肩こりをつくります。また、そういう体調の変化 からくる精神的不安なども、肩こりを起す要因になります。









 

    ・完全予約制 ・土曜祝日診療 ・21時まで受付 ・院長施術
  

◆受付時間◆
午前10:00~14:00 午後16:00~21:00 
<休診/木曜日・日曜日> ※土曜日、祝日は通常診療です。



〒136-0072 東京都江東区大島3-1-16

ご予約・お問い合わせは
TEL 03-5627-6600


















鍼灸の適応症

気功について

交通事故について

いい治療院の選び方

設備紹介

クーポン

セルフつぼ押し

アメーバブログ

症状別
脱毛症・薄毛とは
耳鳴りとは
頭痛とは
顔面神経麻痺とは
寝違えとは
肩こりとは
四十肩・五十肩とは
肋間神経痛とは
腰痛とは
椎間板ヘルニアとは
脊柱管狭窄症とは
坐骨神経痛とは
ぎっくり腰とは
骨盤矯正とは
変形性膝関節症とは
アトピー性皮膚炎とは
うつ症状とは
パニック障害とは

自律神経とは

更年期障害とは

不眠とは

痛みとは

癌とは

メニエール病とは

不妊とは

生理痛とは


産前・産後の方

逆子とは
安産灸とは

産後ケアとは






小笠原ハリニック


効果を出すなら
当院にお任せ下さい!!

小笠原ハリニック

〒136-0072
東京都江東区大島3-1-16
TEL 03-5627-6600

午前10:00~14:00
午後16:00~21:00
<休診/木曜日・日曜日>

※土曜日、祝日は
 通常診療です。


こんな方は当院へ!!
 病院に行ってみたけど
  改善されない
 痛くて歩くのがツライ
 諦めていることがある

 痺れがつらい
 なかなか眠れない
 原因不明の痛みがある
 薬を飲み続ける事に
  不安がある
 同じ先生に毎回、治療し
  てもらいたい
 骨盤の歪みが気になる
 この身体では将来が不安
     
ひとつでも該当する方は
一人で悩まず当院へ
ご相談下さい。 
TEL 03-5627-6600      



当院は一時的な改善ではなく
永久的な改善維持を
目指しています!




  

治したい気持ちが強い方、
やりたかったことを実現させたい
あなただけをサポートします!!

今すぐお電話を!!
03-5627-6600


小笠原ハリニック(東京・江東区大島)の鍼灸院 |小笠原ハリニック(東京・江東区大島)の気功治療>