本文へスキップ

東京・江東区大島で鍼灸・気功の治療をお探しなら「結果」を出す鍼灸院・小笠原ハリニックへ

電話でのご予約・お問い合わせは03-5627-6600

〒136-0072 東京都江東区大島3-1-16


逆子とは

逆子とは
お産の前になると赤ちゃんは重力を利用して頭を下にして、お産の準備を始めますが、何らかの原因により頭の向きが上向きになったり横向きになったりすることがあります。それを逆子といいます。
妊娠後期には、赤ちゃんの頭が大きくなり、自然に重い頭が下向きになっていきますが、28週を過ぎた頃に頭の向きが下にない場合に逆子と診断されます。




逆子の危険性
逆子になると、母親の身体と赤ちゃんを結ぶ、へその緒が頭より先に出てしまうことになります。
この時、へその緒が産道に挟まり、赤ちゃんの脳への血液循環が悪くなってしまうと、赤ちゃんは危険な状態に陥りやすくなります。
なので、産院では分娩の際に逆子を認める場合、ほとんどが帝王切開を選択しています。

逆子の原因

●妊婦側
下腹部の冷え(頭を置くべき位置が快適でない)
子宮周りの緊張(胎児の動きが制限)

●胎児側の関係
未熟児・奇形・多児(双子や三つ子など)

●子宮の奇形、骨盤内の腫瘍など


なぜ逆子に鍼灸治療がいいのか

逆子体操や外回転術よりも安全ではるかに高い効果があります!
鍼灸治療での逆子の矯正は、母体にも胎児にも無理な負担は一切かけません。 
母体にとっても胎児にとっても一番自然な形になる「お手伝い」をするだけです


当院の逆子治療
逆子の治療は一般的に足にある至陰(しいん)というツボにお灸をします。
また妊婦様の状態によって効果的なツボは違いますので、その都度、適切なお灸を行っていきます。
さらに当院では、ご自身でご自宅でも逆子の治療ができるように、お灸指導も行わせて頂きます

正確なツボの位置に印をつけますので、ご自宅でその印にお灸を行って頂きます。


28週で治療を開始した場合、その成功率は90%以上。 
34週以降に治療を開始した場合は約50%までその成功率は下がります。
ですので、逆子だと診断されたら、お早めの治療をおススメします!!




 

    ・完全予約制 ・土曜祝日診療 ・21時まで受付 ・院長施術
  

◆受付時間◆
午前10:00~14:00 午後16:00~21:00 
<休診/木曜日・日曜日> ※土曜日、祝日は通常診療です。



〒136-0072 東京都江東区大島3-1-16

ご予約・お問い合わせは
TEL 03-5627-6600






























症状別





















がんとは




産前・産後の方






小笠原ハリニック


効果を出すなら
当院にお任せ下さい!!

〒136-0072
東京都江東区大島3-1-16
TEL: 03-5627-6600

午前10:00~14:00
午後16:00~21:00
<休診/木曜日・日曜日>

※土曜日、祝日は
 通常診療です。


こんな方は当院へ!!
 病院に行ってみたけど
  改善されない
 イライラ・不安感がある
 諦めていることがある

 痺れがつらい
 なかなか眠れない
 原因不明の症状がある
 薬を飲み続ける事に
  不安がある
 同じ先生に毎回、治療し
  てもらいたい
 この身体では将来が不安
     
ひとつでも該当する方は
一人で悩まず当院へ
ご相談下さい。 
TEL 03-5627-6600      



当院は一時的な改善ではなく
永久的な改善維持を
目指しています!




 

治したい気持ちが強い方、
やりたかったことを実現させたい
あなただけをサポートします!!

↓今すぐお電話を↓
03-5627-6600








治療家の先生方と一緒に記念写真☆